【ドライアイス】 ご注文は、1㎏単位でお願いいたしております。

 
 
ドライアイス 1kg 500円

ご注文は、1㎏単位でお願いいたしております。
詳しいお問い合わせやご注文は、下記までご連絡ください。

  TEL:076-263-0441

ドライアイスの豆知識

ドライアイスは二酸化炭素(CO2)で出来ています。
温度は-78.9℃の超低温です。
(素手で触ると低温火傷する可能性が高いので、素手では絶対に触れないでください。とても危険です。
ドライアイスの取り扱いの注意について は、→ こちら (資料提供:日本液炭株式会社)
ドライアイスを有効に使用するには、冷やしたい物の上に置いて、物と物の隙間を空けると効果的です。
ドライアイスを割るときは、中心部から割ってください。飛散せず分割できるので無駄になりません。
ドライアイスは紙、または布で包んでください。昇華時間をおさえ、長時間物を冷やすことができます。
クーラーボックスには、氷の上にドライアイスを置くと氷が溶けにくく長持ちします。

 
ドライアイスのよくある質問‐回答
 
ドライアイスは冷蔵庫で保存できるの?
ドライアイスはマイナス78.9度の極低温物質です。
そのため冷蔵庫に入れてもどんどん解けてしまいます。
保存にはマイナス80度前後の特殊な冷蔵庫か、専用保冷容器で保存すると減りが少なく済みます。
 
家庭での保存方法は?
ドライアイスを新聞紙などの紙、又は布等に包み、隙間の少ない発泡スチロールの容器等を使用すればより効率的に使用できます。
毛布に包んでも効果的です。
 
蓄冷剤(保冷剤)を併用するとどうなるの?
ドライアイスは冷却能力がある為、適温管理剤としての蓄冷剤と併用する事により、より確実な品温維持が可能となります。
 
効率よく物を冷やすにはどうすればいいの?
冷気は下へ流れ、次第に物を冷やします。
また、暖かい空気は上に昇ってドライアイスにふれ、冷やされて降りてくるという対流循環が行われますので、物を冷やす時は最上部にドライアイスを置く方が 効果的です。
 
ドライアイスを舞台演出に使いたいのだけど可能ですか?
専用の機械を使わないと、あまり効果は期待できません。何故なら、バケツを使うなら360度全方向に煙が逃げて必要な部分まで効果が届かないからです。
また、バケツ程度の水量ではあっという間に水温が下がり、演出に使えるような煙が出ないからです。
機械を使わないでする場合は
・お湯は75度以上を保つ。 (温度差を150度くらいに)
・量は50リットル以上を1つの容器内に用意する。
・蓋をしてその蓋にホースを取り付けます。煙が逃げないような加工が必要です。
・ドライアイスはお湯の量に対して10%程度の重さが必要です。
 
ドライアイスを水に溶かすと炭酸水になるの?
大まかに言えばそうです。ただし、ドライアイスが固体から気体に変わると体積が1700倍近く膨張します。
密閉容器でそのようなことを行うと爆発危険があります。子供向け雑誌でペットボトルにドライアイスと砂糖水を入れサイダーを作ることや、シャーベットを作 ることが紹介されていますが、大変危険です。そのような実験により子供がケガをした事例が報告されています。
絶対にされないようお願い致します。
 
煙を吸い込むと危険?
ドライアイスそのものが解けて出される煙は二酸化炭素なので吸い込むと危険です。(窒息症状やアレルギー症状を起こしたり死亡することすらあります。)
ただ、ステージ等で使用する演出用の煙はドライアイスから出たの煙ではなく、極低温のドライアイスにお湯が触れたとき、お湯が急激に冷やされることによる 水粒子振動現象で水分が霧状(ミスト)に変化したものです。そのため、吸い込んでも平気です。パックホーンによる瞬間的二酸化炭素放出の特殊効果煙はガス 濃度が濃いので吸い込まない方が良いでしょう。ただ、あの白い煙も炭酸ガスが液化した極低温の状態で急に放出されることによる、空気中の水分の結露による ものでありますので心配する程度ではありません。
車での運搬の折、少量の場合や発泡スチロールなどの密閉容器に入れて運ぶ場合はあまり気にする必要はないと思いますが、大量に運ぶ場合は換気に充分ご配慮 ください。
特に乗用車は密封状態が良いので、ガス中毒現象を起こす場合があります。
弊社ドライアイスの取り扱いの注意をお読みください。
 
ドライアイスはどうやって作るの?
気体の二酸化炭素(炭酸ガス)を、およそ130気圧前後に加圧して液化させます。
その液体の二酸化炭素を急速に大気中に放出し、その際に気化熱が奪われることにより自身の温度が凝固点を下回ることを利用して粉末状の固体にします。
それ(パウダースノー(粉雪)状態)で圧縮形成して製品にします。
 
ドライアイスを遠隔地まで送ってもらえないですか?
不可能ではありませんが、効率的ではありません。搬送途中にどんどん溶けてなくなります。
当社にお問い合わせ頂ければ、お近くの販売店をご紹介します。
 
 
ドライアイスの用途
 
食品の冷蔵・輸送
アイスクリーム・冷菓類、乳製品・冷凍食品、肉類・魚類、野菜・果実類、水産加工品
 
工業用
ゴム・プラスチック製品等バリ取り、金属の低温処理、セメントのアク抜き、真空管・ネオン管製造
 
医療用
血液・薬品の保存・輸送、皮膚科治療(ニキビ、アザ、ホクロ、イボ等除去)
 
演出
TV・舞台等で霧・煙・湯気の効果、結婚式・パーティ等の演出効果
 
その他
柿の渋抜き(さわし柿の作り方)、水道管工事、遺体の保存、切花の保存、行楽時の食品保存用、 蚊の誘引、家畜の凍結烙印